様々な製薬会社から販売されている漢方薬

薬の安全性が考え直されている今、自然の力を利用した漢方薬が注目されるようになりました。
漢方薬を使用している人も増えていますよね。
それと同時に色々な製薬会社からも漢方薬が販売されるようになりました。
漢方薬「大柴胡湯(だいさいことう)」も、様々な製薬会社から販売されています。

 

カネボウもその一つです。
カネボウからは、二種類のものが販売されています。
顆粒タイプのものは成人では1回1包、1日3回使用します。
4歳以上から使える薬です。
カネボウでは錠剤タイプのものも販売されています。
成人では1回4錠服用します。こちらは5歳以上から使用出来るそうです。

ツムラも大柴胡湯を販売しています。
ツムラと言えば、漢方薬を古くから取り扱っていることでも有名ですよね。
豊富な漢方薬を扱っています。
ツムラから販売されているのは「大柴胡湯エキス顆粒」。
顆粒タイプの薬です。成人では1回1包、1日に2回使用します。
4歳以上から使用できます。
1包分割した場合には袋の口を折り返して保管します。2日以内に服用するようにしましょう。

 

クラシエも大柴胡湯を販売しています。
クラシエでは顆粒タイプのものが販売されています。
製品名は「大柴胡湯エキス顆粒クラシエ」です。
顆粒タイプのものは1回1包、1日3回服用します。
4歳以上から使用できます。

 

販売している会社により、少しずつ飲み方や対象年齢が異なっています。
錠剤は苦手だという方や、昼食時は仕事のため薬を飲むことが出来ない方など、それぞれ好みやライフスタイルは違います。
使用法や飲み方をよく調べ、自分に合った薬を選ぶようにしましょう。