様々な症状に効き目のある漢方薬

八味地黄丸,効能

年齢を重ねるごとに体の機能が衰え、不調を感じる人も少なくありません。
そのような不調を感じた時、役に立つ漢方薬が八味地黄丸(ハチミジオウガン)です。
八味地黄丸の効能は、「温補腎陽」と呼ばれます。
これは腎臓や膀胱の働きが弱まり、水分の代謝が悪くなるための異常を解消する効果を示しています。
八味地黄丸は腎臓や膀胱の働きを改善し、体を温めることによって、症状をよくする薬なのです。

 

八味地黄丸は中高年の老化防止に使用される漢方薬です。

  • 疲れやすい
  • 手足に冷えを感じる
  • 腰痛
  • 脚弱
  • 下肢痛

など、年齢を重ねると共に現れる症状に効果があります。

 

尿に関する症状にも効能があるとされます。

  • 尿量の減少
  • 多尿
  • 頻尿
  • 排尿困難

口の渇きを感じ、大量に水を飲むために尿が大量に出るといった問題や、むくみにも効果があります。
老人特有の目のかすみや、老人性皮膚掻痒症などのかゆみにも効果のある薬です。


それ以外の効能としては、

  • 腰や膝がだるく力がない
  • 知力が減退する
  • 動作が緩慢
  • ふらつく

などの症状があります。
一般的に上記のような症状に加え、

  • 体がほてる
  • 口が渇く
  • いらいらする

などの症候が時折、見られるものに使用されます。

 

臨床応用としても使用されることがあります。

  • 脳溢血
  • 動脈硬化症
  • 腎性高血圧
  • 前立肥大症
  • 糖尿病

などに効能があるとされています。

 

自分の症状に合っているのか、合っていないのか、よく考えてから服用することをお勧めします。