服用の際には充分気をつけよう!

自然の成分を使って症状を改善してくれる八味地黄丸にも、多少は副作用があります。
その副作用にはどのようなものがあるのでしょうか。

 

主な副作用は

  • 胃の不快感
  • 食欲不振
  • 吐き気
  • 腹痛
  • 下痢

などです。
動悸やのぼれ、舌のしびれを感じることもあります。
それ以外では時として、

  • 発疹
  • 発赤
  • かゆみ

などの症状が現れることもあるようです。

副作用以外で気をつけることとしては、この八味地黄丸が合わない人もいるという点です。
八味地黄丸は体力が衰えている人や冷えを感じる人用の薬です。
そのため体力がある人や、暑がりのぼせのある人には向きません。
また。胃腸が弱い人や、食欲不振や吐き気、嘔吐や下痢を起こしやすい人は服用の際、充分に気をつけるようにしましょう。

 

八味地黄丸は漢方薬の附子(ぶし)が含まれている薬です。
附子が含まれている他の漢方剤と同時に服用してしまうと、重複してしまうことになります。
附子含有製剤を同時に服用しないよう、飲み合わせにも注意しましょう。

 

持病のある人や薬を服用中の方は、事前に医師に伝えておくことをお勧めします。
市販の薬を服用している人も同様です。
市販薬なら大丈夫と思ってしまう人も多いのですが、より安全に薬を使用するためには、同じように医師と相談することが必要なのです。

 

どんな薬でも服用する前に副作用を知り、注意することを確認しましょう。
安心して薬を飲むためには、事前に情報をしっかり確認することが大切なのです。