人間ドック

心臓のトラブルを早期発見!

心臓ドック

すべての病気は早期発見、早期治療が大切な鍵となります。
自分では分からない病気を発見するためにも、定期的に健診を受けることが大切ですよね。

体に異常がないか検査する人間ドックにも、色々なコースがあります。
なかでも今、最も注目を集めているのが心臓ドックなのです。

 

心臓ドックとは心臓に関する検査を中心に行われます。
一般的な人間ドックを受けて異常なしと判断されれば、心臓に関する異常もないので安心な気がしますよね。

しかし、一般的な人間ドックは心臓に関する検査においては、十分とは言い切れない面があるのです。
現在では医学が進歩し、心臓に関する検査も飛躍的な発展を遂げています。

最新の技術を利用し、重点的に心臓を検査してくれるのが心臓ドックなのです。


現在、心臓病は日本人の死因の2位を占めています。
これは食生活が変化したことや、ストレスなどに原因があるとされています。

 

心臓のトラブルの発見が遅れると、どのようなことになるのでしょうか。
例えば狭心症は無自覚なことも多く、自分では気づきにくい病気の一つです。

放っておくと心筋梗塞を引き起こすこともあり、最悪の場合は死にいたることもあるのです。
心筋梗塞についても2〜3割の人は痛みの無い無痛性心筋梗塞だそうです。

そのため、自覚症状も前兆もなく突然、死亡してしまうケースもあるのです。
心臓の病気による突然死を防ぐためには、狭心症を早期に発見することが大切です。

早期発見であれば、比較的容易な治療で改善することが出来ます。

 

心臓の病気は命に関わる病気です。
心臓ドックにより、早いうちに発見し治療を開始することが何より大切なのです。