人間ドック

どんな検査をしているの?

心臓ドックは細かな検査をすることで、心臓の病気を発見します。
しかし、心臓ドックには決まったコースというものがありません。

そのコースや料金、方法は病院によって大きく異なります。

 

基本的に心臓ドックは1日〜2日間で行われます。
一泊泊まるところもあれば、2時間程度で終了する病院もあるようです。

これは検査方法や検査の数により異なるようです。

 

代表的な心臓ドックの検査は

  • 心電図
  • 心臓エコー
  • 胸部X線検査
  • CTスキャン
  • 採血
  • 尿検査

などです

心電図は脈の状態を見ることにより、不整脈があるかどうかを調べることが出来ます。
心臓エコーは胸に機械を当てる検査です。

超音波で心臓の大きさや形、動きや弁の状態を知ることが出来ます。
胸部X線検査では、心臓が拡大していないか、心不全があるかを調べます。

CTスキャンは心臓の状態を調べます。病院によっては同時に内臓脂肪の検査を行うところもあるようです。
採血では動脈硬化の危険因子の有無を調べます。肥満の程度も同時に知ることが可能です。

尿検査では血尿や膀胱炎の有無、腎疾患などを検査します。

 

これらは心臓ドックで主に行われる検査ですが、病院によっては行わない検査があったり、逆に違う検査が増えたりします。
予めどんな検査をするのか、どんなコースなのか調べておくことが必要です。

検査内容については病院のホームページである程度見ることが出来ます。
病院探しをする際に参考にしてみてくださいね。

 

また、心臓ドックには保険が適用されません。
そのことも念頭に入れて、病院探しをするようにしましょう。