人間ドック

食生活の乱れやストレスを抱えている人たちへ・・・

中高年の方の過労死や突然死が増えています。
これは食生活が欧米化したことや、不定期な生活を送るようになったことが原因と言われています。

肥満や睡眠不足、ストレスなどは心臓に負担をかける原因になります。
しかし、忙しい現代社会ではこれらのことは避けて通れない問題ですよね。

そんな状況だからこそ、定期的に心臓ドックで検査することが必要になってきているのかもしれません。

 

次のような病気や症状を抱えている方は、積極的に心臓ドックで健診を受けるようにしましょう。

  • 胸痛や圧迫感を感じる方。
  • 動悸、息切れ、不整脈のある方。
  • 高血圧、糖尿病、高脂血症のある方。
  • 血中コレステロール値の高い方。

 

それ以外にも、

  • 肥満の方
  • ヘビースモーカーの方
  • 家族に脳卒中や心臓病のいる方

は注意が必要です。
肥満体であることや、煙草を吸うことは心臓に大きな負担をかけます。

また、動脈硬化を起こしやすので、より心臓の病気になりやすい人と言えます。

その他にも以下のような症状のある方は、検査を受けることをお勧めします。

  • 階段や坂道をのぼる時に、胸や背中が痛くなる。
  • 脈が不規則になる。
  • 心臓が止まるような感じを受ける。
  • 横になると胸が苦しくなる。
  • 急に頭がぼんやりしたり、気を失ったりしたことがある。
  • 歩いていると足が痛くなったり、しびれを感じたりする。
  • すぐに足がむくんでしまう。

 

少しでもおかしいと感じたら、一度検査を受けた方がいいでしょう。
心臓ドックでは自分では分かりにくい、かくれた心臓の病気を発見することも出来ます。

いつまでも健康であるために、普段から心臓の状態に気をつけて生活したいですね。