早めの治療が大事!

非定型うつ病は最近、増えてきているうつ病の一種です。
20代〜30代の若い女性がかかる率が高いとされています。

 

非定型うつ病は病気なのですが、間違ってとらえられてしまうことも多いと言われています。
広く知られているうつ病の症状と異なり、気分が明るくなる時もあります。
楽しい出来事や嬉しい出来事が起きた時に、気分が高揚したり、活発になったりするので、周囲から「怠けているだけ」と勘違いされてしまうケースも多いのです。
このような場合はかえって症状を重くしてしまいます。
そうなる前に、少しでもおかしいと感じたら病院に相談しましょう。

 

以前は非定型うつ病を治療する病院は少ししかありませんでした。
しかし、近年その認知度も高くなり、治療出来る病院も増えています。
放っておくと症状もひどくなり、別の症状を併発することもあります。

  • パニック障害
  • 社会不安障害
  • 境界性人格障害

などが併発しやすい病気とされています。

非定型うつ病は一般的なうつ病とは、周囲の接し方も異なります。
非定型うつ病の場合は、少し励ます方がいい時や、気力を奮いたたせた方がいい時もあります。
言葉は優しくても厳しさを忘れないことも必要なのです。
不安や焦燥感が強い時には、衝動的に自殺を企てるおそれもあるので、その時にはしっかり見守ることも大切です。
患者本人の治療だけではなく、周囲が適切なサポートしていくためにも、病院に行くことをお勧めします。

 

うつ病は早めの治療が大事だと言われています。
もちろん非定型うつ病も同じです。
元気を取り戻すためにも、早めに病院を受診し、治療を受けることが大切なのです。