服用するときは注意が必要

加味帰脾湯,副作用

貧血や不眠、神経症に効果のある加味帰脾湯
加味帰脾湯にはどのような副作用があり、どんな注意をしなければいけないのでしょうか。

 

代表的な副作用としては、胃の不快感があります。
食欲不振、吐き気、下痢など消化器系に問題が起こることが多いようです。
これらは次第に慣れていきますので、あまり心配する必要はありません。
一般的に漢方薬は食前や食間に飲むのが基本ですが、副作用が強い時には食後でも構わないそうです。
また水で飲むと胸のむかつきが抑えられます。
しかし、つらいと感じる時には医師に相談するようにしましょう。
その他には

  • 発疹
  • 発赤
  • かゆみ

などの副作用があります。


重い副作用としては偽アルドステロン症があります。
偽アルドステロン症とは、加味帰脾湯にも含まれている生薬「甘草」を大量に服用することにより、引き起こされる症状です。
むくみの症状が現れたり、血圧が上がったりしてしまうこともあります。
低カリウム血症を起こすこともあるので、注意が必要です。

  • からだがだるい
  • 血圧が上がる
  • むくみがある
  • 体重が装荷する
  • 手足のしびれ・痛みがある
  • 筋肉の痙攣・ふるえ
  • 力が入らない

などの症状がある時には、初期症状の可能性もあるので、医師に相談するようにしましょう。
芍薬甘草湯など甘草を含む他の漢方薬やグリチルリチン、グリチロンなどと、一緒に服用することはなるべく避けるようにしましょう。
偽アルドステロン症の副作用を起こす可能性があるので、注意が必要です。