様々な会社から売り出されている漢方薬

私たちの生活の中では、西洋医学が浸透していますよね。

西洋医学の薬剤を目にする機会は多いのですが、漢方薬はあまり見かける機会がありません。

そのため、漢方薬は専門店や海外に行かないと手に入らないと誤解している人もいるかもしれません。

しかし、それは大きな間違いです。

漢方薬の一つ、六味丸は色々な製薬会社からも販売されています。

 

大手の製薬会社「ツムラ」も六味丸を製造、販売しています。

医療用の薬剤で、「ツムラ六味丸エキス顆粒」という名前で販売されています。

その他に医療用の薬剤としては、クラシエ製薬から販売されている「クラシエ六味丸料エキス細粒」があります。

これらの医療用薬剤は市販されている一般薬よりも濃度が濃い薬です。

およそ1.5〜2倍の濃度があります。

市販薬では、クラシエ製薬から販売されている「六味丸料エキス顆粒」があります。

45包入りでメーカー希望小売価格は3,150円。

1日3回、食前か食間に服用します。

15歳以上の方は1回1包、15歳未満7歳以上の方は1回2/3包、7歳未満4歳以上の方は1回1/2包をそれぞれ水か白湯で服用します。

 

株式会社ウチダ和漢薬からも、六味丸は販売されています。

丸剤で15歳以上は1回20丸を1日3回服用します。

2歳以上から使用できる薬です。

1,800丸入りで希望小売価格は6,000円です。

 

代表的な会社は上記に挙げたものですが、その他にも六味丸は様々な会社で販売されています。

薬を選ぶ際には効果はもちろん、年齢や飲み方も考えなければいけない要素の一つですよね。

色々な会社の薬を比較して、自分に合うものを選ぶようにしましょう。