様々な分野から期待が集まる新成分

シアル酸は糖の一種で、唾液などに含まれている成分です。

唾液ムチンから酸分解によって得られる、酸性のアミノ糖として発見されました。

このシアル酸が育毛に効果があるとされ、話題になっています。

 

シアル酸に育毛効果があることを発見した、岡嶋教授と原田准教授は展開医科学専攻です。

以前にも毛の成長を促す「インスリン様成長因子1(IGF−1)」を増やす仕組みを解明しています。

このIGF−1を増やす物質の研究をしていたことが、今回の発見に?がったそうです。

 

岡嶋教授と原田教授はドイツの言い伝えに注目しました。

そのドイツの言い伝えとは「牛に頭をなめさせると毛が生える」というものです。

この言い伝えにヒントを得て、唾液中に含まれるシアル酸にも神経刺激作用があることを思いつき、育毛効果があるのではと考えるようになったそうです。

そして、唾液中の成分を調べた結果、育毛に効果があるということが分かったのです。

唾液中にあるシアル酸は、育毛だけに効果があるのではありません。

美肌効果も確認されているそうです。

実際に、女性10人の頬にシアル酸を塗り続けるという実験も行われています。

4週間、塗り続けたところ7人の肌の弾力がアップし、ハリを取り戻すという結果が出たそうです。

 

シアル酸は育毛剤だけではなく、美容液などの開発にも応用が出来る成分として、今、注目されています。

様々な分野から期待が集まる新成分が、私たちの身近なものに使われる日が楽しみですね。