人間ドック

より正確な心臓や血管の状態を知る為に・・・

外からは見えない血管や心臓の状態を調べる検査があります。
心臓カテーテル検査です。

心臓カテーテル検査とはカテーテルと呼ばれる細い管を体の中に通し、体の内部の状態を調べる検査なのです。

 

でも心臓を調べるためなら胸部X線写真を撮ったり、心拍数を調べたりすれば分かるのではないか。
そう思う人もいるかもしれません。

確かに体の中に管を通して検査をするとなると、体には少なからず負担がかかってしまいます。
わざわざ大掛かりな検査をする必要はないような気がしてしまいますね。

心臓カテーテル検査の目的とは何なのでしょうか。

心臓カテーテル検査の目的の一つは、より細かく調べることです。
心電図や胸部X線写真だけでは、心臓の詳しい状態を知ることは出来ません。

しかしカテーテルを入れ、内部の様子を見ることが出来れば心臓の状態はもちろん、
冠動脈や大血管、心臓の中の血圧や血管・心臓の中の様子まで知ることが出来るのです。

 

心臓や血管は私たちの生命と大きく関係している器官です。
少しの判断ミスでも、命を落としてしまう危険性があると言えます。

そのため、詳しく心臓、血管の状態を知ることは正確な判断をするだけではなく、その後の治療を考える上で大切になってきます。
狭心症や心筋梗塞、弁膜症、先天性の心臓病を患っている方はこの検査の適応となるようです。

 

より正確な心臓や血管の状態を知るという目的で行われる心臓カテーテル検査は、安全性をより高めるために万全の状態で行われます。
今後の治療方針を決めるためにも、しっかりと検査に臨むようにしましょう。

 

カテーテルも入院も不要な最新の心臓検査とは?