値段も性能も家庭用には不向きな現状

「本当の血圧」とも呼ばれる中心血圧は、一般的な方法では測定出来ないと言われています。

では一体、どのようにして測定するのでしょうか。

 

一般的に血圧を測るときには、腕のあたりに器具を巻きますよね。

上腕部に巻くものや、手首に巻くものなど色々なタイプのものがあります。

しかし、一般的な方法では中心血圧は測定出来ません。

測定するために、以前は心臓の近くにカテーテルと呼ばれる管を入れていました。

カテーテルを心臓の近くまで入れないと、測定が出来なかったのです。

 

そのため、中心血圧はとても気軽に測定出来るものではありませんでした。

そこで開発されたのが、もっと楽に血圧が測定出来る測定器です。

測定器は「HEM-9000AI」という名前で、株式会社「オムロンヘルスケア」から販売されています。

「HEM-9000AI」は手首に器具を巻き、スタートボタンを押すだけで計測が出来ます。

従来の方法より、ずっと簡単に血圧の測定が出来るこの機械は、

一体どのくらいの価格で販売されているのでしょうか。

 

「HEM-9000AI」のメーカー希望小売価格は1,575,000円です。

この計測器は医療用のものです。

細かなデータを大量に保存することが出来、患者の測定結果の違いを確認することも可能です。

 

価格も性能も家庭用には不向きな製品ですよね。

今後、家庭用に向けた製品が開発されるかもしれませんね。

正しい値を測れる中心血圧への注目は医療関係者だけではなく、一般的にも広まりつつあります。

価格を落とした中心血圧の計測器が、家庭にも普及する日は近いかもしれませんね。