安静にしておくことが治すための基本

腰椎すべり症,治療方法

腰椎すべり症は治療の出来る症状です。

原則的に手術をせず、保存的な治療が原則として行われています。

 

腰椎すべり症の基本的な治療法は安静にしておくことです。

医師により日常生活での注意点を指導されますので、それに従いましょう。

症状によってはコルセットを着用することもあります。

コルセットは腰部の反りや曲がりを制限し、やや前かがみの状態で作成します。

前屈位にすると、神経の圧迫を防ぎ、痛みを和らげることが出来ます。

 

痛みや痺れを感じる場合は、

  • 非ステロイド系抗炎症剤
  • ビタミンB剤
  • 筋弛緩剤

などが処方されます。

温熱療法や腰椎牽引療法などを行うこともあります。

ただし腰椎牽引療法を行う際は症状が悪化することもあるので、注意が必要です。

腹筋を鍛えることも治療に役立つので、腰部のストレッチングや筋力強化訓練を行います。


症状が重い時には神経をブロックするブロック療法が行われます。

これは神経に局部麻酔を注射する方法です。

 

これらの治療でも改善が得られなかったときには、手術を行います。

腰椎すべり症の場合には、滑っている部分の椎間板を固定する固定術が行われます。

固定術は骨盤などから自分の骨を移植する方法と、人工骨を利用する方法があります。

症例によっては固定するために補助として金属製の器具を使うこともあります。

 

腰椎すべり症を治療する際、整体やカイロプラティックなどでの治療を選ぶ方もいます。

ただ、整体などは日本ではまだ医療行為として認められていません。

民間療法になってしまうため健康保険が利かずに、全額自費出費になってしまいます。

自分に合った方法が何か、よく考えて治療法を選ぶようにしましょう。